猫がゴロゴロ甘噛みする心理とは?理由や意味について

スポンサーリンク

夕暮れ時、絨毯の上にムスビがいない?

そんな時は、だいたいこちらに移動しています。

猫脱衣所バスマットの上
時間帯によって、快適な場所を知っているらしい。

****

正面から見ると、ペンギンみたいに胸~お腹は真っ白なムスビ。

ペンギン猫

ずっとお腹だけは触らせてくれず、ナデようとすると逃げられます。

でも暑くなって、ぐで~っとお腹が常に無防備な状態に。

猫絨毯寝る

あぁ、その白いところをモフモフしたい…

ちょっとだけ!!

猫手甘噛み理由や意味

猫手甘噛み理由や意味

幸い、逃げられることは無くなりましたが、
お腹を触ると手を甘噛みするように。

猫手甘噛み理由や意味

でも、この甘噛みの強さが絶妙と言うか、全然痛くないのです♪

むしろ、がっちりホールドしてる前あしの爪が痛い…。

猫手甘噛み理由や意味

最初は抵抗の甘噛みかと思いきや、実はじゃれているみたい?

甘える時に、ゴロゴロ言いながら甘噛みする猫さんもいるらしいですね。

ムスビは2歳ごろまで姉妹が近くにいたからか、
甘噛みの加減を知っているようでホッ。

子猫の時に親や兄弟と離れた猫さんは、
強く噛みすぎて痛いこともあるのだとか。

猫手甘噛み理由や意味

思う存分噛まれた後は、手がムスビの口の匂いに…。

でも幸せ~♡

いつも応援ありがとうございます
ฅ(●´ω`●)ฅ
その1クリックが励みになってます♪

スポンサーリンク

 

8 Comments

ふくさん家

うちはチーム犬、チーム猫同士はもちろんですが、ワンニャン同士でも甘噛み指導が入ります。
強く噛んだ時に叱るタイミングと気迫が一番重要だそうで、そのタイミングが人間では難しいらしいです。
痛い!→ダメッ!では動物的にはもう遅いらしいですね。動物同士だとそのタイミングがバッチリなので、ダメなんだと理解できるそうです。

感電しそうなコードを噛みそうな瞬間を目にしたら、瞬時に「アッッッ‼︎」って出ますね。その気迫とタイミングだそうで、人間には本当に命に関わる時位しか出せない大技で、彼らは日々指導、学習しているそうです。
改めて彼らに感服、感動する瞬間ですね。

ムスちゃんもしっかりと学習したことを覚えてるんですね〜!花丸〜(≧∇≦)

返信する
むすママ

>ふくさん家さま

タイミングですか!それは初耳でした~!
そして気迫も必要なのですね^m^
チーム犬とチーム猫同士の交流もあるのですか~♪
種類を超えても仲良くできるなんて、なんてほほえましい…(#^.^#)

ムスビも体に染みついているみたいで、猫飼い初心者でも安心です♪

返信する
琥珀

うちの琥珀はお腹をモフモフされるのが大好きです。でも、途中でカプッと甘噛みします。
痛くはないですが、どういう気持ちなのか分からなかったので、甘えているんだ!とむすママさんのコメントで納得しました。10年飼っていてもまだまだ分からない事ってたくさんありますね・・・

琥珀は野良暮らしの時、いつも兄弟猫と一緒でした。だから加減を知っているのだと思います。その兄弟は車に跳ねられ死んでしまい、ひとりぼっちで私のバイクの下でしょぼんとしていた琥珀を飼う事になったのでした。もっと早く2匹を保護してあげていたら、と今でも後悔しています。

自分語りになってしまい済みません・・・
このコメントを入力している側で琥珀がうん○をしはじめたの下僕は片付けに行ってきます!

返信する
むすママ

>琥珀さま

琥珀くん、そんないきさつがあったのですかー(T_T)
こちらも猫さんの交通事故は多いので、胸が痛みます。。
でも!今の安全&快適な生活があるのは琥珀さんのおかげですし、兄弟の分まで幸せになっているはず!!

しかし、猫って絶妙なタイミングでトイレをしてくれますよね…。
うちも朝食時を狙ったかのようにやっておられますよ…。

返信する
びびりニャン

白黒猫ちゃんはペンギンですね(笑)

お腹のもふもふがそそられます。
甘噛みをしっているなら安心ですね。
うちのビビリはマジ噛みされます…泣
小さい頃に捨てられてたせいですが、少しずつ変わってきてます。

ムスビちゃんも甘えてかわいいです。

返信する
むすママ

>びびりニャンさま

ビビリちゃん、マジ噛み派ですか^^;
小さい頃に親兄弟と離された名残と思うとかわいそうでもありますね…。
でも、ちょっとずつ学んできてくれてるなんて賢い!(#^.^#)

ムスビは昨日は手をナメナメしてくれました~♪
猫だと思われてるのかしら…。

返信する
まめねこ

ペンギンムスビちゃん、かわいい〜!
この夏、スイカのムスビ地方限定版として売り出されないかしら。絶対買います‼︎

ムスビちゃん、優しく甘噛みできるのですね〜。
うちはそれぞれ違って、ふくは本気噛み、とらは絶対噛まない(何時間でも腹モフOK)、あんこは甘噛み、外猫はっちゃんも甘噛みです。
ふくは子猫どうしの遊びが足りなかったと思います。

ナデナデされていて、嬉しくて気を許しすぎてひっくり返った時にガブッときます。『これ以上、快楽に溺れると危険にゃ!』ということでしょうか。
噛まれても撫でまくりの毎日です!

ポンポンなでなでは気持ちいいのよ、ムスビちゃん。
ふくも、年々穏やかになり素直に触らせたり甘噛みっぽくなったりしてきました。
ムスビちゃんも慣れてくれば腹モフ大好きになるかもしれませんね。

返信する
むすママ

>まめねこさま

スイカムスビ(^m^)では、JR東日本に連絡してみようかしら~(笑)

カミカミ事情、家族でもいろいろなんですね!ふくくん、本気噛みは痛いよ~!
外猫はっちゃんも腹モフさせてくれるなんて、すっかり気を許してますね。
ガブっとされてもめげないまめねこさん、さすがです^^♪
猫ちゃんズ、快楽におぼれてしまえばいいのよ~♪

ムスビも慣れてくれるよう、これからマメに腹モフしたいと思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です