猫が枕で寝る理由は?腕枕も好きなムスビ

先日、ご近所さんから大根と白菜を
おすそ分けしてもらいました。

ご近所さんのおすそ分け

ムスビが小さいのもあるけれど、
どちらもかなりのビッグサイズです!

今週は、大根と白菜メニューのオンパレードに
なる予定のムスビ家です^^;

****

猫 こたつ ヘソ天

こちらは、コタツの中で至福のへそ天タイムのムスビさん。

3連休中、むすパパがこたつで寝ていたところ、
側に密着していました。

猫 添い寝 こたつ

なんと、器用にこたつのリモコンを
枕がわりに使ってます。

猫 枕で寝る理由

夜寝る時も、ふとんの中では腕枕率の高いムスビ。

そういえば、ベッドでもふちのところに
アゴを乗せていることが多いかも?

猫すぴー

理由は調べてもよくわからなかったのですが、
以前どこかで、ネコは鼻呼吸なので、
息がしやすいように、頭を高くすると読んだ気が…。

枕を使って寝るなんて、なんだか人間っぽいしぐさなので、
かわいくて好きなのです。

いつも応援ありがとうございます
ฅ(●´ω`●)ฅ
その1クリックが励みになってます♪

スポンサーリンク

 

8 Responses to “猫が枕で寝る理由は?腕枕も好きなムスビ”

  1. びびりニャン より:

    リモコンもムスビちゃんにかかれば立派な枕ですね。
    腕枕でくっついている姿は、愛おしくなります。

    ビビリは必ず左の脇下に潜り込んで、左腕を前足で挟んで寝ます。
    もう何処で覚えたの⁇と飼主はめろめろです。
    くっついて寝る姿はみんなかわいいですね〜。

    • むすママ より:

      >びびりニャンさま

      猫さんの腕枕、幸せなひとときですよね~♪
      ビビリちゃんは、抱きまくら(腕)で寝てるなんて!
      そんなことされたら、寝返りなんて打てませんね( *´艸`)

  2. まめねこ より:

    枕にちょこんとアゴをのせてる猫さんてかわいいですよね〜♡
    ムスビちゃんはリモコンまで枕にしちゃうのね!寝心地悪いでしょうに、何でも枕にしてしまいまうんですよね。

    むすパパさんにくっついて、キノコのお詫びでしょうか〜?むすパパさんは優しいから哀しくても怒ってないと思うけどね!

    むすママさん、コメントのお返事なんてなーんも気になさいませんように。
    無理せず気楽にお願いします〜(*`・ω・)ゞ

    • むすママ より:

      >まめねこさま

      猫さんのあご乗せ姿は萌えますよね~♪
      休日はむすパパに思う存分くっついているムスビです^^
      キノコのことは…思い出させないようにしておきましょう(-ω-)

      コメントのこと、ありがとうございます~^^
      気楽にマイペースに、続けてまいりますので
      今後ともよろしくお願いします(#^.^#)

  3. ふくさん家 より:

    ムスビさん、リモコンまでも有効活用してのぬくぬくコタツライフ満喫ね(*^^*)
    良かったね〜( ´ ▽ ` )ノ

    猫さんがよくマクラを使用する理由があるんですね、なるほど〜!

    ふくもわたしの腕に前あしをかけてアゴを乗せる腕まくらで毎晩寝ます。
    本当に幸せ〜!
    みんなそれぞれ、お気に入りのまくらでマッタリ寝てくれたら、人間はニンマリですよね(≧∇≦)

    • むすママ より:

      >ふくさん家さま

      家が寒すぎて、ほとんど一日中コタツで過ごしているムスビです^^;

      ふくくん、あご+前脚なんて、
      萌えポイントをついてきますね~!
      ムスビも足をちょこんと乗せてくる時があって、
      その日はいつも以上に幸せです( *´艸`)

  4. 琥珀 より:

    ムスビちゃんと比較すると凄く大きな白菜と大根ですね~
    食べがいがありますね!

    まあ、器用にこたつのリモコンを枕にしてくつろいでいますね。むすパパさんと仲良くくつろぎタイムなのですね~

    うちの琥珀は私のお腹に顔を乗せてきます。私のお腹の肉がちょうどいい具合なんでしょうね・・・

    私も腕枕されてみたい!

    • むすママ より:

      >琥珀さま

      白菜と大根、まだまだなくなりません~!
      ありがたい悩み・・・

      琥珀くん、おなかに顔!
      それは寝返り打てませんね~(^▽^)
      くっついて寝る姿は猫さんそれぞれでも、
      くっつきたい気持ちは一緒なんですね~♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ