ムスビさん四回目の命日と【はなおり】

こんにちは、むすママです^^

ブログの更新がすっかりお久しぶりになってしまいました!
最近は動画投稿もスローペースですが、ムスビ家は元気です♪
夏本番!暑い日が続きますので、熱中症などくれぐれも気をつけてくださいね。

🍙

そして今日は7月29日。
初代猫ムスビさんの四回目の命日でした🌈

もう4年も経ったとは驚きです。
でもその後、おむすびさんが来て、
昨年はさらにエースも加わって、毎日にぎやかなムスビ家。

猫ざんまいで楽しい日々が送れているのも、
すべてはムスビさんのおかげです。
本当に、我が家に幸せを運んできてくれた子でした。

毎月29日にウマウマデーでお供えをしたり、
食卓に写真を飾ってはいるのですが、ずっと気がかりなことが…。

そう、ムスビさんのお骨のことです。

実は来年あたり、引っ越す予定があるムスビ家。

そのため、今の土地で共同墓地などに入れる気になれず、
お骨は家に持ち帰りました。

部屋の片隅にスペースを作りましたが、
だんだん存在感も薄くなり…。

ふとしたときに、「このままでいいのかな?」と思いつつ、
なんとなく置いているような状態になってしまっていました。

そんな時、たまたま「はなおり」という
画期的なアイテムを知ります。

なんとこちら、土に還る素材でできている骨壷。
お庭に木やお花といっしょに埋めれば、
樹木葬をすることができるのです🌳🌳

しかも良いのは、
すぐに樹木葬をしなくても、インテリアとして
お骨を身近に置いておけるように考えられているところ。

これなら食卓に置いても違和感なく馴染んでいます✨

お骨を移す作業は少し緊張しましたが、
やってみると、意外とすんなりとできました。

久しぶりに対面したムスビさんのお骨。
かわいい顔は写真や動画で今も見ていますが、
「そこに本当にいたんだな」ということを改めて実感して、
とても懐かしい気持ちになりました。
(少し涙も…😢)

はなおりの上は、お花を育てたり、
お供えやその子のお気に入りを飾ることができます。

ムスビさんの付けていた鈴と、
首輪と同じ花柄の猫さんを置いて飾っています🌸

いつか、お庭で樹木葬をするまで、
家の中で一緒に過ごしたいと思っています。

はなおりを開発された山崎さんも、
愛犬との別れから、はなおりを考案されたのだそう。

開発エピソードをお伺いしました。

*************************

はなおり開発者
株式会社ネクアス 山崎周一さん

二匹の愛犬を亡くしてから5年後のある日、家にある骨壺を見て
「人間はお墓に入るのに、ペットの骨壺はずっと家にあるのってどうなんだろう?」
「お庭に草木と一緒に埋め、新たな命につながっていく。。。そんなシーンをつくれたら」
そんな思いから「はなおり」の開発を始めました。

意識したのは
「どんなお部屋にもマッチするデザイン」
「新たな命につながっていく間の小さなお部屋」であること。

日本人が手に取って最もしっくりすると言われる4寸をサイズ感と流線形状、
当社開発の生分解性素材「NEQAS OCEAN」を使用し、土の中でゆっくりと分解していく
設計としました。

そばにいるつながりを残しながら、自分自身のタイミングで供養する、樹木葬というかたち。
「ずっと一緒に」をはなおりがお手伝いします。

****************

とっても素敵な考え方ですよね。

YouTubeには動画もアップしています♪

樹木葬で「ずっと一緒」のペット用骨壷
〜はなおり〜

気になる方はこちらのHPをご覧ください♪
https://hanaori.online/donation

売上の10%が保護猫活動に寄付されます!

はなおり公式Instagramでは、開発秘話や愛用者さんの声も見れますよ♪
https://www.instagram.com/hanaori.online/?hl=ja

ぜひ覗いてみてください^^

 

▼ブログランキング参加中!▼
応援クリックしていただけたら嬉しいです^^




あなたの猫しもべ度は??
\日本猫ねこ協会公式の無料診断テスト!/
日本猫ねこ協会は、むすママが保護猫の認知度アップのためにはじめた一般社団法人です。
「猫しもべ検定」は猫への理解度チェック&保護猫について知るきっかけになります♪
猫好きなお友達にもシェアしていただけたら嬉しいです。
* * * * * * *


2 Comments

みずえ

こんばんはおひさしぶりです。今日はムスビちゃんの命日でしたね。動画も拝見しました。以前から動画に映っていた赤い包みはムスビちゃんの骨壺だったんですね。タイトルを見て正直ドキッとしました…。(骨壺を開けるだったから)。はなおりは初めて知りましたが、いい物ですね。樹木葬できるというのが画期的だと思います。引っ越しの予定があって、埋葬しないでいたそうですが、気持ちの整理がつくまで埋葬しなくていいと思いますよ。ムスビちゃんもそのまま、お家にいる気分になるんじゃないかなって勝手に思いますが。今日もあと少しで終わりますが、ご家族でムスビちゃんを偲んで思い出話をしてくださいね。 それと…動画の最後、テーブルにあるドングリのような物が動いてました。ムスビちゃんが来てじゃれていたのかな⁉️ 長文失礼しました。

返信する

YouTubeチャンネル「musubiyori」にて、土に還るペット用骨壺「はなおり」をご紹介いただきました! | はなおり へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です